有限会社ダイキョー|快適よりも皆様の幸福を願う総合害虫防除会社|9:00~18:00

アリガタバチ

この時期、シロアリの羽アリだと思って問合せの多い種類です。羽アリとは形体が明らかに違います。目視でも確認できますので、心配な方は画像と照らし合わせて見てください。 アリガタバチ類はハチ目、アリガタバチ科の寄生蜂で、外見がアリに似ているのでこのような名前が付きました。世界で500種以上が知られています。甲虫類の幼虫に寄生しますが、家屋内に発生した甲虫類に寄生して大発生し、人を刺す被害を生じさせることがあります。このような被害のほとんどは、シバンムシアリガタバチによるもので、時にクロアリガタバチによる場合もあります。ほかにノコギリヒラタムシに寄生するノコギリヒラタアリガタバチ、ヒメマルカツオブシムシに寄生するキアシアリガタバチなども知られていますが、これらによる被害は極めて少ないようです。 シバンムシアリガタバチは、体長1.5~2.0mmで細長く、赤褐色の微小な昆虫です。雌は無翅、雄は有翅のものと無翅のものがいます。タバコシバンムシやジンサンシバンムシの幼虫に寄生します。春から秋にかけて活動し、雌成虫で越冬します。卵から成虫になるまでの生育期間は25℃で約25日、30℃で約18日で、年に4~5回発生します。 クロアリガタバチは、体長は2~3.5mmで、黒色で光沢があり、雌は無翅、雄は普通では翅を有します。クシヒゲシバンムシ、マツザイシバンムシ、ケブカシバンムシ、チビタケナガシンクイ、タケトラカミキリなどの幼虫に寄生します。6~7月に被害が多く見られ、年1世代の発生と言われていますが(安富・梅谷、1995)、飼育条件下での生育期間はシバンムシアリガタバチと大きな差が無く、繰り返し発生する可能性もあります。

介護用ポータブルトイレ専用・消臭剤「パイオ消臭きえるんです
グリストラップの清掃・メンテナンス